猫は君を永遠に愛します

永遠のテーマ【猫とは…猫の幸せとは?】

第17話 空の決断

前話では飼い主のいる猫の難しさや、マナちゃんの妊娠と堕胎の心の負担までお話ししましたね。
『心が疲弊してしまった空』難しい生活を打開出来ない初めての経験でした。這い出そうとしても常識が通用しない経験は初めてでした。

12月に入り外は寒さが厳しい季節です。
ルイ君は飼い主さんが会社に行っている時は窓を開けているのですが、猫にすれば寒くて暗い部屋で留守番をするということが出来ない事はわかりきった事です。

f:id:mannawith:20210613091412j:plain
一緒に暮らすようになってベランダの窓際のマナちゃんとルイくん

そして何より飼い主さんは、帰宅しても寒くてたまらないのか、ルイ君が外に出ていても窓を閉めてあります。
マナちゃんは避妊手術をして傷口が良くなるまでルイ君を空の部屋に入れる事もできません。
空はたまらず「なぜ窓を開けてないのですか?ルイ君が部屋に入れないので私のベランダに来るのですが」と言いにいきました。

その日は分かったと夜は窓を開けてありました。しかしそれも2日~3日しか続きませんでした。ルイくんの飼い主さんにたまらず「ルイくんが帰ってくるまで窓を開けておかないと絶対零度の刑やしね」
その頃テレビ放送していた『ドラマ絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』をもじって言い続けました。
『ひゅー!絶対零度の刑やな』とほろ酔い加減のルイくんの飼い主さんはヘラヘラと空に笑って見せました。

な・な・なんなんですか~!

まったく懲りていないようです。
そしてルイくんは毎日ベランダで空か仕事から帰って来るのを待っていました。
「ルイはあんたに任せるわ」とルイの飼い主さんは言いました。
「本当に私を信用してルイくんを任すことが出来るのですか?」
「ほい!」

そして何度か警察にお世話になった事もあり、空は「このアパートから引っ越ししよう。仕事は実家に帰れば遠くて通えないし、仕事をやめよう」と決心しました。

それは短絡的な考えであった事に空はその後に気づく事になります。
仕事は有給休暇を消化して辞表を出してしまっていました。
仕事を退職したという事で、後日実家で家族相談がありました。

猫アレルギーがあるから飼えないとの事でした。「猫さえおらんとけばな」
な・な・なんですか~!
空は実家に帰れば良いという自分の考えが甘かったと思いしらされたのでした。

f:id:mannawith:20210613092202j:plain
ベランダからの冬

その後はとりあえず失業保険で暮らしていくことになります。
ルイと本格的に暮らし始めた空は仕事をやめて正解だったなと思える事もありました。
ルイくんは台所の扉を開けると何とかして外に出ようと隙を伺っている日々が続きました。
今まで外に自由に出ていたルイくんを1ヶ月以上「お外出れないよルイ」とベランダの網戸を閉めて言い聞かせました。マナちゃんの小さな頃と同じです。
それは、一緒に外に出たいからの躾でした。

猫1匹と思われる方もいるかもしれませんが、猫1匹を引き受けるのは空にとって自分の全てを捨てて全てをかけなければルイくんを守る事ができませんでした。
季節は冬から春へと流れていきます。

ルイくんとマナちゃんと空+ルイの元飼い主さんはこの先どうなるのでしょうか…。

第16話 マナちゃんごめんね

マナちゃんのお腹に宿った小さな4つの命。
空は自分の不注意で起きた事の重大性に悩みに悩んでいました。

そしてルイの飼い主さんの「マナは体が小さいから産むのは大変かもしれないけれど、産ませてやってくれないか」の言葉も堕胎と避妊同時のきつい手術をするブレーキになっていました。

f:id:mannawith:20201127031421j:plain
妊娠したマナちゃん

主治医からはもうそろそろ決断しないと手術が出来なくなるとの連絡を受けていました。
猫が妊娠してから出産までの期間は非常に短い事と同時にお腹の赤ちゃんが大きくなれば堕胎が難しくなるという事は空にも十分わかっていました。

もう明日明後日にも決断しなければならない時まで来ていました。
ルイの子供を産ませてくれと言うルイ君の飼い主さんから主治医に連絡をとってもらう事にしました。

空はその日手術になってもよいように会社の有給休暇をとっていました。
ルイの飼い主さんからメールが来ました。
「やっぱりこのアパートは猫1匹しか飼えんしマナの子供は無理やわ」
どうやら看護師さんから産まれてくる赤ちゃんにかかるワクチンや諸々の費用の話しなどを聞いたことは後からわかりました。

な・な・なんなんですか~!

やはりルイ君の飼い主さんの言葉を信じた自分がバカだったと空は血の気がひく思いがしました。
メールが届いたのは11時を過ぎていました。もうギリギリの時間でした。
そして主治医に電話をしました。
「マナは絶食していないのですが、手術大丈夫でしょうか?」
「12時半までに来て下されば絶食していなくても手術できますから大丈夫です」

空はマナちゃんを連れてギリギリ間に合う時間のバスに乗り込みました。
動物病院では「マナちゃんをお預かりしますね、4時になれば手術が終わっていますのでお迎えお願いします」

後ろ髪をひかれる思いで一旦アパートに帰る空はバスの中でドキドキと吐き気を抑えるだけでやっとでした。
『マナ、手術を無事に終えて戻って来て』
アパートの部屋に戻ってもマナちゃんがつらい手術をしていると思うと何も手につきません。

時間はあっという間に過ぎて空はマナちゃんを迎えに行くバスに乗り、病院の扉を開けました。
『マナちゃんは大丈夫ですよ』という看護師さんの後ろから『やはり4匹お腹にいたよ』と主治医さんが言いました。
マナちゃんは麻酔も覚めてキャリーバックに入っていました。

f:id:mannawith:20201127031723j:plain
手術を終えて

避妊手術の当日は病院で一泊すると思っていた空ですが、主治医の敏腕はたいしたものだとあらためて思うと共に、マナちゃんといられることを感謝しました。
お腹の傷は痛々しいくらいでしたが、マナちゃんも空といると安心しているようでした。

f:id:mannawith:20201127033125j:plain
傷が痛々しいマナちゃん

ルイちゃんの飼い主さんには、マナちゃんの傷が治るまでルイちゃんを部屋に入れられないことを伝えました。
何日か経った頃、ルイくんの飼い主さんがスーパーで買ってきた花を持って来ました。
空は「私も貴方もルイくんとマナの4つの小さな小さな命を殺してしまったんだよね」とポツリと言いました。

f:id:mannawith:20201127034650j:plain
部屋に入りたいルイくんに心が痛む空

空はその頃に海の波が岩を削るような悲しみがありました。
その事に加えてルイくんの飼い主さんが引っ越して来てから、酔って言う言葉を真に受けていた空はとことん神経と心が限界に疲れきっていました。

飼い主さんのいるルイくんと暮らす事は本当に…本当に難しいことでした。
まるで出口のない前途のただ中にいるように思う空でした。

12月に入り、空は大きな決断をします。
それは次のお話しで…。

第15話 可愛そうで仕方がない日々

ルイくんの飼い主さんと攻防が始まった時に戻ります。

どんどん寒くなる季節…
空は毎日ベランダに来るルイを置いて仕事に行かなければいけません。
マナちゃんはベットにペット用ヒーターを置いていますので3度目の冬もそこに入って空の帰りを待っていてくれます。

空はルイくんの飼い主さんに会った時「寒くなってきたけどペット用ヒーターを置いてあげたり出来ませんか?」と尋ねました。
飼い主さんはまったくその話しに耳を傾けようとはしませんでした。
空はベランダに来るルイ君に「お仕事いってくるから」と心が傷んで仕方がありませんでした。

f:id:mannawith:20201102004932j:plain
いつもベランダにいるルイくん

この時点でのルイ君の体調状況をお知らせしたいと思います。マナちゃんが退院してからの事になります。

f:id:mannawith:20201102005344j:plain
甘えてルイ

主治医の医師と看護師さんがルイを迎えにきて下さりワクチンと血液検査をしました。
ルイ君はエイズ感染、そして貧血がある事がわかりました。
マナは小さな頃にエイズ感染しているが判明しています。ルイくんの飼い主さんにも引っ越していらっしゃって直ぐにその事を伝えました。「大丈夫っす」と答えたルイくんの飼い主さんでしたが…。
ルイに感染したら大変だと思い、マナの食べた皿やお水を飲んでトイレも別々にして、ルイ君が接触しないように気をつけていました。

そ・そ・それが!
血液検査で判ったことがありました。
ルイ君がマナちゃんと同じエイズ感染だったのです。

f:id:mannawith:20201102005908j:plain
初めての血液検査とワクチン

f:id:mannawith:20201102010251j:plain
主治医の先生はあまりエイズ感染に敏感ではありませんでした。
【ただ以前にエイズに感染したというだけの事です】と説明して下さいました。
それよりもルイ君の血液検査で貧血をすごく気にしていました。

f:id:mannawith:20201102010749j:plain
貧血とわかったルイ

ルイくんの飼い主さんにも血液検査の結果をお知らせしました。「おう!俺も貧血やしな」とまた自分のことばかりでルイくんのことは何1つ聞いていないかのようでした。

その後の日の事です。ルイくんの様子がおかしいことに気づきました。いつもモリモリ食欲旺盛なルイくんが何も食べません。空はすぐに獣医さんに連絡しました。
「ルイくんの血液検査の結果が悪く注射を続けなければいけませんので入院になります」との事でした。
空は会社に申し出て有給休暇をとり、入院しているルイくんに会いにバスで病院まで会いに行く日が続きました。


ルイくんにとっても初めての入院、空が会いに行くとルイくんはゴロゴロ喉をならしました。
「頑張ろうね、ルイ」
空が会いに行くと本当にうれしそうでした。

5日間の入院ですみました。
退院の日の午後、急な手術が入ったとの事で「明日お送りしますので」と言われました。

とにかく体も大きいルイくん。
空は退院できるのと思うと、とにかくルイくんに帰ってきてほしかったので、バスに必死で乗り込みルイくんを迎えに行くことにしました。

ルイくんのお薬をもらって、定期的にルイくんは血液検査を受けることになりました。

そんな11月の休日の事です。
空はマナちゃんとルイくんに「お買い物に行ってくるからね、直ぐに帰ってくるから」と言い残してスーパーとドラッグストアーへ出かけました。
その間に、マナの発情期が起こり「ただいま」と玄関の扉を開けると大変な事が起こっていました。

その日から2週間が過ぎた頃、ルイくんの血液検査とお薬、マナちゃんが妊娠しているかもしれないと医師に言いました。
エコーを撮った医師は「マナちゃんは妊娠しています、多分4匹赤ちゃんがいます」との事でした。

『私が気をつけていなかったせいだわ』
空は頭が真っ白になりました。

f:id:mannawith:20201102011320j:plain
辛くて仕方なかったマナちゃんに宿った命

エコー写真を見ながら「ごめんねマナ、ごめんねルイ」とただ泣くばかりでした。

もちろんルイちゃんの飼い主さんにも報告をしました。
「マナは体が小さいから不安だけど、産ませてやってくれないか」との事でした。
空はその言葉を信じました。
しかし、とんでもない結末が待ち受けていました。
この続きは次のお話ししたいと思います。

第14話 恥ずかしかった日

f:id:mannawith:20200824182508j:plain
すっかり空の家に慣れたルイくん

ルイくんの飼い主さんと揉めて、警察沙汰となりましたが、アパートに戻ってきた空。

その後、取りあえずはアパートを引っ越したほうが良いように考えました。
それにはルイくんの飼い主さんとの話し合いも必要です。
なぜって空はルイくんを飼い主さんに任せなければいけませんでしたし、かといって空の部屋に来るルイくんが心配でした。

ある日、マラソンの練習に行く飼い主さんに会いました。「あのルイくんの事なんですが」と空が言いました。
「あげる」と一言だけ言うとスタスタ走って行ってしまいました。

な・な・何なんですか~!あ・あ・あげる~?

空は呆気にとられましたが、話し合いは必要だと思いました。

f:id:mannawith:20200824183047j:plain
退院して1ヶ月経った頃のマナちゃん

警察沙汰になる少し前の事です。
空とルイの飼い主さんは仲の良い時もありました。
そんなエピソードのひとこまを書いておきましょうかね?…空さん。

土曜日の昼頃です。
「おい、お前一緒に焼肉屋行くぞ!○○橋知っとるやろ、はよ用意しいまいや(しろ)」

いつも空の事を『お前』と言うのは、どうも口癖か礼儀を知らないのかのどちらかはわかりません。
空は今まで生きてきて他人からお前と呼ばれるのは初めてでした。しかも近所に住んでいるだけの人に…。

「わし走って行くし、お前は自転車で来い」
と言うとさっさと走り出しました。
行きは緩い上り坂で、脚力のない空は遅れてしまいました。ルイくんの飼い主さんは見えません。
『○○橋だったよね』と思いながら、きつい坂になると自転車を押して歩きました。
「おい!遅いぞ」とヒョイと小路から声が聞こえました。『マラソンしてる人に勝てるわけないでしょ』と心の中で呟きました。

自転車を停めてガラガラと戸を開けると、カウンター席へ。かなりの歳のおばあさんが1人で切り盛りしているようです。

カウンターに座ると「ばあちゃん、先ずはビールとレバーお願いします」と慣れた感じで注文します。
空はおばあさんに「あんたは?」と聞かれて「豚バラとシロお願いします」と言いました。

そのうちに酔いが回ってくると「お前ダラやろ(バカの方言)」を連発するルイの飼い主さん。
おばあさんの目付きが変わりました。
「だからそのダラって言うがやめろって言うとるやろ、他のお客さんに迷惑や」
何度かその言葉があり、ようやく「おい帰るぞ」とルイの飼い主さんは席を立ちました。

空はなだめるように玄関の方へと促しました。
そしてお店を出るときに何も言わずにペコリと頭を下げましたが、恥ずかしくて顔が真っ赤か真っ青かわかりませんでした。

帰り道は千鳥足で歩く飼い主さんが車に跳ねられるかと空は自転車を押して歩きました。
美味しそうな柿がなっている家の前に差し掛かるとおじいさんがいます。
「あの1つでいいのですが、柿をいただけませんか?」と空は尋ねました。
三脚を出して柿の実を採って手渡して下さいました。

すると千鳥足のルイくんの飼い主さんが急に、おじいさんに「これとっとけや」と千円札を渡そうとしました。
みるみるおじいさんの顔が変わり「そんな事するんなら柿返せ」と言いました。
空は申し訳なくて悲しくて「この人は酔っているんです。今度必ずお礼に伺います」と言うと柿をしっかり胸に抱いて、ルイの飼い主さんを引っ張るようにしてペコペコ頭を下げながら半泣き状態でその場を立ち去りました。

さて、ルイくんとマナちゃんの話しとはずれてしまいました。
だけど空は書いておきたかったのですよね…
楽しい事が結局は災難になってしまうルイくんの飼い主さんとの日々を。

第13話 飼い主さんとルイの狭間で

前にも少し触れたかと思いますが、3階建てのアパートの1階には5件あります。

2階と3階も同じ戸数ですが、螺旋階段が直ぐに道路に直結していますのでめったに顔を会わすことはありません。

 

f:id:mannawith:20200810034226j:plain

寒い中で朝のルイくん
ルイくんと飼い主さんが引っ越していらっしゃるまで1階にはマナちゃんと空しか住んでいませんでした。
そんな時に引っ越しをして来たのがルイくんを飼っている方でした。
アパートの1階は空とその引っ越してきた飼い主さんしかいません。
どうしても顔を合わせる機会が多かったのも事実です。

「ルイくんが家に来ていますが良いんですか?」と何度も聞く空の質問に興味もない感じでしたが、この後まもなく事件が起きます。

ある日、飼い主さんはお酒がすすみすぎていたのか「人の猫を部屋に入れるお前がおかしいやろ」と言ってきたのです。空は珍しく胸ぐらが煮えくりかえるのを感じました。
夜になると寒くても空のベランダに来るルイくんを追い返せなかったとはいえ、自分の部屋にいれた空が悪くはなかったかというと確かに悪いと思いました。
 
『あなたが窓を開けっ放しにしておいたからではありませんか?しかも何度もルイくんが家に来ていると言っていたのに』と心の中で言いました。
 
 

f:id:mannawith:20200810035143j:plain

土日は空の部屋で寛ぐルイくん
そこからは一方的に空を攻めて来ました。「猫のトイレはあるんですか?」と気になっていたことを空が言いました。「そんなもんないし。前に住んでいた所は田舎でね」との答えでした。
な・何なんですか~!
ここは住宅街ですし今時猫のトイレも置いてない育て方をしている家なんてないと思う空。
他人には理解を示し、その人の良い所を見る空ですが、猫の事になるとこんなに感情的になることを初めて知りました。
 
お酒を飲んでいる勢いもあって「人の猫を入れるお前が悪い」の一点張りで、反論すると今度は暴力で来ました。
空は立ち向かおうと思いますが、何と言ってもルイくんの飼い主は男性です。
大きい声ですら慣れない空にとってはこれがルイくんにできる精一杯でした。
胸を蹴られて、すぐ近くの派出所へ行きましたが、警察官はいなくて派出所の電話から警察に電話をしました。
しばらく待っているとパトカーが2台来ました。事情を聞かれてアパートへ警察官と共に戻りました。
空は自分の部屋で、そしてルイくんの飼い主さんも自分の部屋で別々に事情を聞くという処置を警察官はとりました。
「危ないですから誰か身内の人に連絡して一旦ここから離れて下さい」との事でした。空はマナちゃんをキャリーバックに入れてると、家の人に連絡をして迎えに来てもらい6人の警察官に見送られてアパートを離れました。
空は迎えに来た家人に事情を説明しましたが、あまり家人に電話をしない空の話しはわからなかったようです。それでタクシーでマナちゃんと共にアパートに戻ることにしました。
 
それからもルイくんの飼い主さん、そして空の攻防戦は悪化していくことになります。     

第12話 親切が招く災難へのプロローグ

マナちゃんが無事に退院し、季節は秋から冬になっていきます。

ルイちゃんの飼い主さんは女の子だと初めてお会いした時に言っていたはずですが…
マナちゃんと違って短くて太い尻尾のルイちゃんは尻尾をピーンとあげると、男の子の象徴がよく見えます。空は男の子だとわかりました。
ある日、飼い主さんに会った時に空は「あのルイちゃんは男の子ですよね」と言いました。
飼い主さんの反応は「先輩からルイをもらった時に乳房があるから女の子と言ったので女の子だと思って」

な・な・何なんですか~!

ここからが嘘八百の始まりだったのかもしれません。初めてお会いした時から…。

f:id:mannawith:20200803124320j:plain
完全に男の子です

マナちゃんが無事に退院したのは9月27日でした。この地方は10月になると少し肌寒くなります。
時折ルイくん(男の子だとわかりましたので)は朝ベランダに来るのは変わりませんが、大きな病の後のマナちゃんにストレスになってはと空は思いました。夜と会社が休みの土日だけはルイくんを部屋に入れて様子を見ました。

f:id:mannawith:20200803123833j:plain
退院した頃のマナちゃん

マナちゃんの退院後の初めての診察の日にマナちゃんとバスで獣医さんへと出掛けました。
良い獣医さんに巡り会った事もあり、家に遊びに来る猫がノミがいそうなのでと写真を見せて相談しました。
「かなり痒そうだね、もしかするとダニやシラミもいるかもしれないな」と獣医さんは言いました。

ノミどころかダニやシラミまで~!

これ使うと直ぐにいなくなるからとレボリューションという薬を「猫の手やなめられない場所につけてあげるといいよ」とマナちゃんの首の後ろにつけてくれました。
マナちゃんにもうつるかもしれないと薬を付けるお手本を見せて下さったのでした。

f:id:mannawith:20200803124950j:plain
痒くて仕方がなかったルイちやん

ルイくんはその日ベランダに現れませんでした。
とにかくルイくんの痒いのを早く治ってほしかった空は飼い主さんの部屋のチャイムを押しました。
珍しくルイくんも飼い主さんの部屋にいたようです。空はレボリューションを出して獣医さんが付けた見本の通りに教えました。
その時の親切がこれから続く最悪な状況になると空は思ってもいませんでした。

この地方では10月になると肌寒い日があります。
空はいつも10月になるとファンヒーターのために灯油の配達をお願いするくらいです。
マナちゃんは空が仕事の間寒くならないようにペット用ホットマットをしています。
ルイくんの飼い主さんは夜中の寒さに耐えられなくなったのかルイくんが自由に出入りしていたベランダの窓を閉めてしまうようになりました。
それはいいのですが、ルイくんが外へ出ていても閉めるようになりました。

お会いした時に空が尋ねました「窓を閉めていますがルイくんは大丈夫ですか?」と。
その答えは「俺はルイが帰ってきた時の声がわかるからな」というものでした。
空は「そうですか、それならいいのですが」と言うしかありませんでした。

ルイくんの飼い主さんは本業の他にホステスの送迎のアルバイトをしています(9話で述べられていますが)
なんと言ってもルイくんは飼い主さんのいる猫、空が構う事は筋違いです。
だけどルイくんは毎日のように空の部屋のベランダに来ます。
そんなルイくんを空は追い払うことが出来ませんでした。
昼間でも暗くて電気をつけないと真っ暗です。寒い季節が日々足早に近づいてきました。

第11話 信頼できる医師との出会い

朝になっても苦しくて寝たきりのマナちゃん。
「何とか持ちこたえてマナ」
空は泣きながら診てくれる病院を探します。

f:id:mannawith:20200713172327j:plain
どんどん容態が悪くなるマナちゃん

タクシーで行けそうな病院が見つかり、電話をかけました。
マナの昨日からの様子を伝えると「昨日診てもらった病院に行ったほうが良いのでは?検査も二重になりますし」と受付の方が言いました。
「私は車がないので、その病院までとても行けそうにないのです、お願いします」と必死でお願いする空です。
「わかりました、では連れて来てください」

空はタクシーを呼び、マナちゃんをキャリーバックに入れました。
病院まで行った時の記憶がありません。空はそれくらい動揺していました。
病院に着いた診察時間が早かったためか直ぐに見てもらえました。
血液検査とレントゲンの結果や昨夜のマナちゃんの様子を見た医師は「病名は未だわかりませんが息を吸うだけで吐けないようですね。酸素室に入ってもらうことになります」との事でした。
マナちゃんの細い腕に点滴の針が注されて固定されました。
マナちゃんが酸素室に入ると「何か変わったことがあれば連絡して下さい」と看護師さんに言うと、空は病院を出てアパートに戻りました。

f:id:mannawith:20200713172614j:plain
マナちゃんの細い腕に点滴が固定されました

帰りのバスは混んでいました。空は吐きそうになるのを堪えるだけで精一杯でした。
ようやくアパートに着くとマナちゃんがいないことの事実を見ました。
「マナがいない、マナがいない」
どこを見てもいつもは仕事から帰宅した時は、マナちゃんが待っていてくれました。狭いアパートですので、そこここにマナちゃんがいた姿が目に浮かびます。
「マナがいない」それは空にとっては耐え難い苦しみでした。

翌朝は会社に連絡してお休みをもらいました。
そして病院が開く9時に合わせて「マナは大丈夫なのだろうか?マナに会いたい」の一心で面会に行きました。

f:id:mannawith:20200713172906j:plain
酸素室のマナちゃんに空は声をかけることしか出来ませんでした

「どうぞ」という看護師さんに連れられマナちゃんがいる酸素室のある部屋に通されました。
マナの細い腕には点滴が繋がれていました。
少しおびえた表情のマナちゃんがいました。
点滴の管を引きずって何歩か歩いて近づいて来るマナちゃんを触ってあげることも出来ません。

f:id:mannawith:20200713173628j:plain
少し元気になったように見えたマナちゃん

酸素室にいるマナちゃんの表情を忘れる事が出来ませんでした。
そして空は以前見た事のある動画を思い出したのです。
それはなくなったお母さんの側を離れず雨水で喉の渇きを潤し、お母さんの元に食事を運ぶ子猫の表情です。子猫は疲れていますがお母さんの側を離れずにいるのです。

続きを読む